初稿: 2018-07-17 Tue 09:30
最終更新日: 2018-12-14 Fri 20:44
ホーム | 文書トップ | 目次

Emacsを使う最大の理由!文書作成のすべてをorg-modeで記述しよう!

目次

Emacsを使う理由は様々あると思いますが、私がEmacsを使う最大の理由は org-modeが使えること です。 会議の議事録や、規約の編集、卒業論文まで全ての文書作成をorg-modeで行うことができます。

1 環境

2 はじめに

org-modeで記述する利点としては、プレーンテキストで文書を作成するため diffがみやすくなる という点があります。 最近ではWardのようなリッチ文書作成ソフトでもdiffを取りやすくなっているようですが、プレーンテキストにはかないません。 git管理することで、その文書を 誰が, いつ 書き換えたのか明白に管理できますし、巻き戻しも容易です。 コミットメッセージを活用することで なぜ 書き換えたのかも管理できます。

そうした「管理された文書」を思い通りの形式に 変換して出力 できます。 例に挙げた会議の議事録や、規約の編集は所属していた交響楽団に関するものでした。 もちろん団員はEmacsをインストールしていないため、純粋なプレーンテキストとしてのorg-modeは理解しづらいですが、 HTMLに出力して印刷し配布 しましたし、後輩には Word形式 で引き継ぐことができました。

卒業論文はもちろん LaTeX での提出が求められます。この要求に対してもorg-modeは十二分に応えてくれます。 なぜならorg-modeの文法は簡潔で 執筆に集中できる 上に、 編集のためのお助け機能 をorg-modeが提供してくれているからです。

ここだけの話ですが、HTMLやLaTeXは 人間が書くものじゃない と個人的に考えています。 HTMLはZen Codingなどのお助け機能やLaTeXもEmacsではYaTeXなどのお助け機能がありますが、根本的に 人間が書くフォーマットじゃない んです。

その点org-modeを使えば執筆に集中でき、難しい構造を隠してくれる上に、 多彩なフォーマットに出力 できるのです。 もう人類はHTMLタグやLaTeX環境、通常マークダウンとQiita記法やはてな記法の違いなどに頭を悩ますことはないのです。 なぜならorg-mode記法で一回書けば全て変換できるからです!

ちょっと話が大きくなりましたが、本心です。そして私がorg-modeに出会ったときの衝撃です。 ちなみにEmacsは気難しいやつで当時何度も挫折していた頃でしたが、 org-modeを使うため にEmacsと仲良くなって 今ではEmacsで全てのプログラミング、文書作成を行っています笑

3 インストール

(require 'package)
(when (not (package-installed-p 'use-package))
  (package-refresh-contents)
  (package-install 'use-package))
(use-package org :ensure t :defer t
  :bind (("C-c o l" . org-store-link)
         ("C-c o a" . org-agenda)
         ("C-c o c" . org-capture)
         ("C-c o b" . org-iswitchb))
  :config
  (setq org-src-window-setup     'other-window
        org-use-sub-superscripts '{}))

上記はgithubで公開してる.emacs.dからの抜粋です。 "use-package org" と検索して実際のコードを見てみるといいかも知れません。

4 org-modeカテゴリ

org-modeは巨大で、関連するパッケージも多いため小記事に分けます。

\(\sqrt{2}\)

日付: 2018-07-17 Tue 09:30

著者: conao

Created: 2018-12-14 Fri 21:04

Validate