初稿: 2018-08-11 Sat 15:51
最終更新日: 2018-12-14 Fri 20:44
ホーム | 文書トップ | 目次

リダイレクト
標準出力・標準エラー出力を思いのままに出力する

目次

1 リダイレクトとは

シェルコマンドは標準出力と標準エラー出力の2種類の出力ストリームを利用できます。

標準出力をプロンプトに出さずに捨てたり、ファイルに保存したり、ストリームをどこに出力したりするかを指定できる。

2 書式

2.1 サンプルプログラム

1: #include <stdio.h>
2: 
3: int main() {
4:     printf("nomal output\n");
5:     fprintf(stdout, "stdout output\n");
6:     fprintf(stderr, "error output\n");
7: }

コード1を使用して解説する。

C言語において、 printf は標準出力に文字列を出力する。 fprintf は出力ストリームを選択した上で文字列を出力する。

そのため上2行は標準出力に出力されるが、一番下の行は標準エラー出力に出力される。

2.2 標準出力

<cmd> > <nomal redirect>

日付: 2018-08-11 Sat 15:51

著者: conao

Created: 2018-12-14 Fri 21:04

Validate